診療案内

診療内容

虫歯、歯周病治療

抜歯と診断されるほど状態が悪化している歯であっても、抜かずに治療できる可能性は十分にあります。「歯を残したい」方は、ぜひご相談ください。

矯正治療、部分矯正

歯並びをきれいにし、正常な噛み合わせに近づけることができます。また、深い虫歯や歯周病の悪化などで抜歯と診断された歯でも、部分矯正治療を行い、歯を抜かずに長持ちさせることができる場合がありますので、あきらめずにご相談ください。年令に制限はございません。

咬合誘導

お子さまの咬み合わせ異常(不正咬合)を治すことで、永久歯をきれいに生えさせることができます。永久歯の矯正治療とは異なり、お子さまへの負担を最小限に抑えることができます。

歯の再植

通常の方法では歯を救えない場合の最後の治療法として、歯の再植術があります。割れた歯に対しても接着再植という有効な方法があり、これらを使用し通常は抜かなければならない歯を沢山救ってきました。抜歯せざるを得ない場合もありますが、あきらめずに一度ご相談ください。

歯の移植

歯を失った場所へ親知らずのような必要性の少ない歯を移植することによって、入れ歯やインプラントよりも天然の歯に近い感覚で噛むことができます。

インプラント

移植する歯がない、入れ歯を避けたいという方には、インプラント(人工の歯)治療をおすすめします。インプラントは入れ歯に比べて快適に食事をすることができます。

義歯(入れ歯)

義歯の製作は、歯科医院の経験と実力に差が出る技術です。残っている歯を長持ちさせるために、患者さんのお口の状態に合った設計を行うことで、審美性と安定性を備えた快適な精密義歯をご提供することができます。

審美治療、ホワイトニング

歯にセラミッククラウンを被せたり、天然の歯を漂白することによって口元をきれいにし、清潔感のある印象を与えることができます。一本の歯からできますのでお気軽にご相談ください。

予防歯科

当院は開業当初から予防歯科を導入した治療を行っております。現在の予防歯科はブラッシング指導、食事指導(甘味制限指導を含む)、歯石の除去を含めた歯のクリーニング、フッ素塗布、フッ素配合歯磨剤およびフッ素配合洗口剤を使用した自己管理が主な内容です。

歯科口腔外科

親知らずの抜歯、顎関節症治療、基本的な治療で治らない歯周病の外科手術、歯の移植手術、骨(天然骨・人工骨)の移植手術、歯肉の移植手術、インプラント治療の外科手術、歯周組織再生療法

その他

睡眠時無呼吸症候群(いびき治療)、口臭治療、歯ぎしり治療、知覚過敏症治療

診療方針

歯を抜かない治療

数十年前、虫歯の治療は削って詰めれば終わり、歯周病は不治の病と諦められていました。しかし、現在では皆さまもご存じの通り、歯科医学の進歩はめざましく、虫歯や歯周病で以前は抜かなければならなかった歯を抜かずに残せるようになりました。
新井歯科では、「歯を抜かない治療」を徹底しております。歯を大切に思う方は、ぜひ新井歯科にご相談ください。

歯に対して害が最も少ない治療

歯を長持ちさせて、お口を快適な状態に保つためには、歯に対して害が最も少ない治療を行う必要があります。それには、治療の正確性に加えて、削る量を最小限に抑えること、歯の神経をできる限り取らないこと、歯をできる限り抜かないことが重要となります。
そのためには、お口の総合的診断とあらゆる分野を高いレベルで治療できる総合的技術が必要不可欠なのです。新井歯科では、歯を残して守るための技術をすべて身につけております。実際、新井歯科でしっかり治療した方は、定期的にメンテナンスを行えば、ほとんどの方が10年以上の長期にわたり、快適な状態を保っております。
あらゆる角度から患者さんにとって最も負担の少ない、効果的で効率的な治療方法を導き、ご提案させて頂きます。小さなお子さまからシニアの方まで年令に関係なく、あらゆるニーズに対応できる体制を整えております。どんなお悩みでもご相談ください。

歯科技工士の常勤

入れ歯や審美治療に使われるクラウン(歯のかぶせ物)といった技工物は、歯科技工士が作っています。通常の歯科医院は、開業歯科技工所に依頼して技工物を作ってもらっており、歯科技工士が患者さんとお会いすることはありません。患者さんのお口にマッチした技工物を作るためには、歯科技工士が医院内に常勤し、患者さんの近くにいることが理想です。
当院では、技工室を用意し歯科技工士が常勤しているため、技工物を精密、かつスピーディに制作することができます。また、技工物の修理といったメンテナンスにすぐに対応できるというのも、歯科技工士常勤の利点のひとつです。さらに、常勤歯科技工士がいることで、患者さんとコミュニケーションを十分にとり、より細かな要望にお応えすることができます。

治療は患者さんと一緒に

最善の治療を行うために、患者さんとのコミュニケーションを大切にしております。患者さんの感じる不安や疑問を少なくするため、歯の状態に適した治療方法を説明し、二人三脚で進めていくよう心がけております。
例えば、「歯を白く綺麗にしたい!」という方の治療の場合、一般の方はホワイトニング治療を思い浮かべると思います。しかし、ホワイトニングは薬剤で歯を漂白する処置なので、歯に少なからずダメージを与えてしまいます。飲食などで着色した歯の場合は、本来の歯の色を出すための歯のクリーニングだけでも十分に改善でき、歯にとっても害はありません。このように、患者さんの大切な歯を極力傷つけない治療を最優先に考え、おすすめしております。
また、治療の効果を最大限に発揮させるために、患者さんの生活習慣の改善も視野に入れております。
現在、虫歯と歯周病という歯科二大疾患は、高血圧症や糖尿病などの慢性疾患と同様に生活習慣病として扱われています。つまり、歯科医が一方的に治療しても、決して治るものではありません。お口の健康を取り戻すためには、体の健康を見直し、お口の病気を治す力を強くすることが必要になります。また、治りたいと思う強い気持ちがお口の健康を取り戻すためには、非常に重要になります。
ここで、治りにくい患者さんの主な特徴を以下に挙げてみましょう。

糖尿病がコントロールされていない

数々の全身疾患を抱え多種類の薬を常用している

ヘビースモーカー

甘いものが大好き

偏った食生活

不規則な生活リズム

慢性的な睡眠不足

慢性ストレスが大きい

上記のうち、いくつかに当てはまる方は、免疫力・治癒力が低下している場合が多いため、治療に反応しにくく、徐々に悪化していくことさえもあります。最新の歯科技術を駆使したとしても、生活習慣を変えなければ、完治させることは難しいのです。一緒に生活習慣を見直し、変えられるところから変えてみましょう。そのための情報提供やお手伝いは、私たちにお任せください。

inserted by FC2 system